高宮の日本のどこかにいるブログ

個人的な旅行記です。

ブログ案内

ご覧いただきありがとうございます。

  • 記事では、公共交通機関を利用しての移動の際には、時刻などを画像コメントで記してあります。「*」がついている時刻は、正確な時刻ではない可能性があります。交通機関に遅延が生じていた場合は「+」の後に遅延時分を書きます。
  • 掲載する情報には細心の注意を払っていますが、正確性については保証いたしかねます。

・走破の旅 

移動に重点を置いた旅です。

・ゆる旅

ここでは各地の見どころなども紹介しています。

・旅さんぽ 

短い記事などはここに入れてあります。

 

  • コメントお待ちしております! 励みになります。

 

 

 

(最終更新日:2021年3月19日)

房総半島大回り乗車の旅

2021年5月29日。いわゆる「大回り乗車」をしてきましたので、その模様を書いていきます。

 

f:id:SMGHKGM:20210531175844j:plain

常磐線|[快速]取手|上野(0613)→我孫子

今回の旅の始まりは上野駅。今日はここから、山手線なら6駅の新橋駅を目指したいと思います。

第一走者は常磐線快速。この列車で我孫子まで移動です。

 

f:id:SMGHKGM:20210531180510j:plain

成田線|[普通]成田|我孫子(0705)→下総松崎

我孫子成田線に乗り換えです。この珍しい色の列車は、開業120周年を記念して往年の列車の塗装を再現したものだということです(車内の電光掲示板より)

ホームには有名な立ち食い蕎麦店のダシのいい匂いが漂っていましたが、7時開店ということなので今回は断念しました。

 

f:id:SMGHKGM:20210531180927j:plain

途中、一度降りてみたかった下総松崎駅でホームに降りてみました。

 

f:id:SMGHKGM:20210531180957j:plain

素敵な木造駅舎ですが、大回り乗車のため外に出ることは出来ません。

 

f:id:SMGHKGM:20210531181118j:plain

大回り乗車は列車に閉じ込められるだけの旅になりがちなので、こうした息抜きもいいですね。

 

f:id:SMGHKGM:20210531181236j:plain

成田線|[普通]成田|下総松崎(0804)→成田

後続の列車で成田へ。

 

f:id:SMGHKGM:20210531181316j:plain

成田線|[快速]東京|成田(0815)→佐倉

成田で乗り換えです。

 

f:id:SMGHKGM:20210531181404j:plain

総武本線|[普通]成東|佐倉(0831)→成東

佐倉では総武本線に乗り換えます。階段が遠くて焦りました。

f:id:SMGHKGM:20210531181538j:plain

東金線|[普通]千葉|成東(0902)→大網

成東駅東金線に乗り換え。珍しい0番ホームから発車します。

 

f:id:SMGHKGM:20210531181703j:plain

外房線|[普通]上総一ノ宮|大網(0923)→上総一ノ宮

大網で再度乗り換えです。ここからようやく房総半島の旅が始まります。

 

f:id:SMGHKGM:20210531181932j:plain

外房線-内房線|[普通]木更津|上総一ノ宮(1032)→君津

ここから房総半島をぐるりと回る列車に乗ります。その所要時間はなんと3時間以上。2両編成によるワンマン運転ですが、車内は常に混雑していました。

 

f:id:SMGHKGM:20210531182247j:plain

個性的な柄の座席です。

 

f:id:SMGHKGM:20210531182321j:plain

館山までは太平洋沿岸を走ります。

 

f:id:SMGHKGM:20210531182457j:plain

安房鴨川駅で約20分の停車時間。ここでホームに降りてリフレッシュです。

 

f:id:SMGHKGM:20210531182537j:plain

列車はその後内房線に入り、館山を回ると東京湾の沿岸を走ります。太平洋とは異なり、遠くに陸地が確認できます。

 

f:id:SMGHKGM:20210531182623j:plain

内房線-総武快速線|[快速]久里浜|君津(1350)→新橋

君津で総武線直通の快速に乗り換えです。

f:id:SMGHKGM:20210531182732j:plain

君津から1時間半ほどで新橋に戻ってきました。この日は、合計で9時間ほどのボリューミーな旅を楽しむことができました。

 

 

おわり