高宮の日本のどこかにいるブログ

個人的なぶらり途中下車の旅。

シリーズ記事初回リンク

18きっぷで京都の旅(1) (全8話)

北海道&東日本パスの旅(1)【上野→一ノ関】 (全19話)

大井川鐵道無人駅めぐりの旅(1) (全5話)

石川の旅(1)〈北陸新幹線〉 (全8話)

18きっぷで九州北部の旅(1) (全10話)

GoTo伊豆大島の旅(1) (全5話)

'21駅めぐりの旅(1)【プロローグ:サンライズ瀬戸編】 (全14話)

WEST EXPRESS 銀河で山陰の旅(1)【プロローグ:東京→京都】 (全9話)

愛知・三重の旅(1)「東海道新幹線/堀川/朝日橋」 (全7話)

18きっぷで九州の旅(1)「新橋→博多」 (全8話)

会津・川治温泉の旅(1)「東武日光→会津田島」 (全5話)

酷寒の道東旅(1)「成田空港→札幌」 (全18話)

週末パスで信越の旅(1)「上野→信濃追分」 (全8話)

秩父の旅(1)「池袋→寄居、武川、小前田」 (全5話)

‘22富山の旅(2)「宇奈月→欅平」

前回

smghkgm.hatenablog.com

 

 

黒部峡谷鉄道本線|[普通]欅平宇奈月(0921)→欅平

改札が始まると同時に早速ホームへ向かった。黒部峡谷鉄道では、この橙色の小さな客車列車が運用されている。わが国では貴重となった762mmゲージを採用しているという点も興味深い。

普通車は、窓のない開放的な車両となっている。背もたれはないが、最後列に座ると寄りかかることができてラクである(ただし、途中で進行方向が変わることに注意)

 

マスコットキャラクター「でんちゃー」のお見送りで、トロッコはゆっくりと走り出す。

 

富山出身で知られる室井滋さんの小気味良い案内も交え、トロッコは峡谷を進む。最初に渡るこの橋は「山彦橋」は、トロッコの音が山に響くことからその名がついたという。

 

木々も程よく色づき、絶好のトロッコ日和である。

 

車窓には、木管事件で有名な黒薙宇奈月間の引湯管も見ることができる。現在は塩ビパイプが用いられているように見受けられる。これなら無権利の土地を通過していたとしても、経路を容易に変更できるだろうか。

 

宇奈月湖のほとり佇むこの建物は、新柳原発電所。湖畔に立つお城をイメージしたデザインだという。ぜひ見学してみたいと思ったが、最寄り駅である柳橋駅は一般の乗客は乗り降りができず、公開も行われていないようである。

 

列車が峡谷を進むにつれ、木々の色づきも進んでいく。エメラルドグリーンの湖面とのコントラストが美しく、思わず息をのむ。

 

列車が急峻な谷を渡る場面も何度かあり、高所恐怖症の方は要注意である。窓付きの「リラックス車両」に乗れば、恐怖感は軽減されるのかもしれない。

 

反対方向から列車がやってきた。様子がおかしいのでよく見てみると──

 

なんと工事用の列車だった。古そうな客車や貨車を連ねているが、工事関係者は皆リラックス車両でくつろいでいた。個人的には、後ろから2両目の古そうな客車にぜひ乗ってみたいと思った。

 

木々も色落ち、体感気温も下がってきた。窓無しの普通車は、想像以上に寒いので対策が必要である。

 

終点の欅平駅に到着。宇奈月からだと1時間20分ほどの乗車時間となる。

 

当駅の駅舎はきれいに整備されている。到着した瞬間にトイレに長蛇の列ができたが、内部には大量の便器が(女子トイレについては断言できないが)設置されおり、思案外すぐに解消された。私は駅舎の写真を綺麗に撮るため、その一部始終を見ていたのである。

 

つづく

‘22富山の旅(1)「バスタ新宿→宇奈月」

2022年11月11日から13日にかけて、富山を旅行してきたので、その模様を記しておく。

 

中日本ハイウェイバス|[NH102]金沢駅バスタ新宿(2205)→富山駅北口

夜のバスタ新宿では、常に各地へ向かう夜行バスが発車しており、旅情を誘われる。
鮮やかな黄色い車体が目を引く中日本ハイウェイバスに乗り込み、富山を目指す。このバスは、座席間隔も広く、トイレも設置されている快適な車両だったが、なぜか目が冴えてしまい苦悩した。

 

バスは時刻表より早着し、5時30分頃に富山駅北口に到着した。

 

初日の今日は、黒部峡谷を目指す。新たに開業した市電の富山駅を見学しながら、北側に位置している電鉄富山駅へ移動する。富山の市電は、駅直下へ乗り入れる工事を行っており、新幹線との直接の乗換が実現し、大幅に利便性が向上した。

 

駅構内の水飲み場では、富山市の水道水を楽しむことができる。飲んでも美味しい水で贅沢に洗面し、眠気を吹き飛ばす。

 

富山地方鉄道本線|[普通]宇奈月温泉電鉄富山(0608)→宇奈月温泉

地鉄電車に乗り、宇奈月温泉へ。乗客は少なく、穏やかな時間が流れる。

車窓では、雄大立山連峰から朝陽が顔を出す。この後、北陸新幹線と接続する新黒部駅では、やや乗客があった。

 

1時間40分ほどで、終点の宇奈月温泉駅に到着。駅前では、噴水にして豊富な温泉を誇示している。まだ朝も早いため、土産店などは営業していなかった。

 

しかしながら、予約していたトロッコ列車まではまだ時間がある。まずは駅併設の足湯を利用してみた。ほのかに硫黄が香る本格的な湯だった。

 

黒部峡谷鉄道宇奈月駅は、目と鼻の先にある。

 

まずは乗車券を発券し、2階の資料館を見学しながら列車を待った。

特に印象的だった展示は、この引湯管。「権利の濫用の禁止」の原則が確立されるきっかけとなったことで有名な宇奈月温泉事件の際に登場したものでもある。

 

このフロアからは、黒部峡谷も眺めることができる。ここ宇奈月駅は、黒部峡谷鉄道のなかで最も標高が低いところに位置しているが、葉が既に色づき始めているのがわかる。天気も快晴。この後のトロッコ乗車にも期待が膨らむ。

 

つづく