高宮の日本のどこかにいるブログ

個人的な旅行記です。

北海道&東日本パスの旅(2)【一ノ関→函館】

前回

smghkgm.hatenablog.com

 

 

f:id:SMGHKGM:20200316104343j:plain

東北本線|[普通]盛岡|一ノ関(1443)→盛岡

まだまだ進みます。一ノ関駅を境にして、紫色の列車になりました。岩手県は南北に長いので、時間がかかります。盛岡にかけて徐々に乗客が増えていきました。この時間帯は、高校生を中心に賑やかな車内になっていきました。

 

f:id:SMGHKGM:20200316104731j:plain

盛岡駅に到着。現在の東北本線はここ盛岡駅で終点になっています。ここから先はIGRいわて銀河鉄道という別会社になっていて、乗り換えには一度改札を出る必要があります。接続時間が短かったので少しだけ焦りましたが、案内に従って冷静にいけば難しくはない乗り換えです。

 

f:id:SMGHKGM:20200316104922j:plain

IGRいわて銀河鉄道線|[普通]金田一温泉|盛岡(1618)→二戸

というわけでIGRいわて銀河鉄道線に乗ります。「北海道&東日本パス」はこの路線も乗り降り自由です。

岩手出身の宮沢賢治の、あの童話を髣髴とさせるような列車です。

 

f:id:SMGHKGM:20200316105212j:plain

この区間でついに積雪を観測することができました。今年は暖冬のため深刻な雪不足のニュースをよく目にしましたが、山間では積雪があるようです。気温もここから一気に下がった気がしました。

 

f:id:SMGHKGM:20200316105401j:plain

そしてすぐに深い雪の中です。改めて遠くに来ていることを実感させられました。

 

f:id:SMGHKGM:20200316105608j:plain

盛岡では座席が埋まっていた車内も徐々に空いていき、またしても乗客は私ひとりだけに。旅に慣れて気分が落ち着いてきたこともあり、ここらへんで急に疲れを感じました。

 

f:id:SMGHKGM:20200316110018j:plain

二戸に到着。まだ岩手県です。本当に大きいです。

 

f:id:SMGHKGM:20200316110110j:plain

誰もいない駅でこの後の列車をただ待ちます。ずっと列車の中にいるのは本当に辛いので、この休憩時間はまるで砂漠のオアシスです。吐く息が白く気温もかなり低いはずなのですが、むしろそれに爽快感のようなものさえ覚えて、気持ちいいです。

 

f:id:SMGHKGM:20200316110351j:plain

IGRいわて銀河鉄道線|[普通]八戸|二戸(1751)→八戸

次の列車がやって来ました。この列車でついに岩手県脱出となります。この区間いわて銀河鉄道ですが、列車は青森県青い森鉄道からやってきた車両でした。

 

f:id:SMGHKGM:20200316110559j:plain

車体には青い森鉄道のイメージキャラクター「モーリー」君が描かれていました。

 

f:id:SMGHKGM:20200316110926j:plain

青い森鉄道|[普通]青森|八戸(1839)→青森

八戸で右側の列車に乗り換えて、ついに青森県に突入です。モーリー君が沢山います。日が沈んでしまい車窓が全く見えないので、一人旅の寂しさが増してきました。

 

f:id:SMGHKGM:20200316111142j:plain

ただ一人、外の見えない列車に揺られていると、将来のことや過去のことを色々考えてしまって良くないです。今朝、コンビニで買ったおにぎりを食べて気を紛らわしました。

 

f:id:SMGHKGM:20200316111344j:plain

そして青森駅に到着。上野から在来線乗り継ぎで青森まで来たことを思うと、達成感を覚えずにはいられません。"上野発の夜行列車"で青森まで来ることができれば美しい旅なのかもしれませんが、昼行在来線乗り継ぎでは、旅というより修行という感じでした。

 

f:id:SMGHKGM:20200316111633j:plain

奥羽本線|[普通]津軽新城|青森(2018)→新青森

しかしながら、ここで達成感に浸っている時間もありません。今日の目的地は海を越えて北海道、函館です。あと少し。頑張ります。

 

f:id:SMGHKGM:20200316111801j:plain

青森のひとつ隣、新青森駅に来ました。

 

f:id:SMGHKGM:20200316111844j:plain

北海道新幹線|[はやぶさ33号]新函館北斗新青森(2042)→新函館北斗

ここからは北海道新幹線です。「在来線乗り継ぎの旅」のはずですが、青森と北海道を結ぶ青函トンネルは新幹線しか通っておらず、在来線乗り継ぎで行くことは物理的に不可能なので、やむを得ず新幹線を利用しました。

新幹線はいつでも興奮します。しかもやって来たのはレア車両「H5系」という新幹線。北海道仕様で「シロハヤブサ」がモチーフの美しい新幹線です。

 

f:id:SMGHKGM:20200316112327j:plain

青森駅を出発。あまりの快適さに驚きました。こうした素晴らしい乗り物がある時代に生まれたのにも関わらず、在来線乗り継ぎを来た自分が馬鹿らしく思えるくらいでした。

北海道新幹線というと何と言っても青函トンネルですが、青函トンネルに入ると放送と電光掲示板で案内が入ります。が、夜でそもそも外が暗いのでよく分からなかったのが残念なところです。今度は明るいうちに青函トンネルを通りたいです。

 

f:id:SMGHKGM:20200316112625j:plain

1時間くらいで新函館北斗に到着。あまりに早いので、本当に函館なのか疑ってしまうほどです。

 

f:id:SMGHKGM:20200316112754j:plain

函館本線|[はこだてライナー]函館|新函館北斗(2154)→函館

ここから函館駅までは新幹線とぴったり接続する形で「はこだてライナー」という列車が走っています。これに乗ることでスムーズに函館まで移動できます。便利です。

 

f:id:SMGHKGM:20200316112929j:plain

函館に到着。丸1日在来線を乗り継いで上野→函館を移動することは、理論上可能ではありますが、全くおすすめできませんし、私ももうやらないと思います。

 

f:id:SMGHKGM:20200316113111j:plain

徒歩で宿まで移動。今夜のホテルは、函館駅から徒歩10分の「A-GATE HOTEL」さんです。カプセルルームからシングル・ツインルームなど豊富な種類のお部屋があり、色々な場面で使いやすいと思います。ドリンク、アルコール、お菓子、カップ麺なども無料で食べ放題のコスパ最強ホテルです。

この日はカプセルルーム(1800円)を予約していたのですが、新型コロナウイルス感染防止の観点からツインルームに変更していただけるとのことでした。申し訳ないです。ありがとうございます。

アクセスも良く設備も新しくて快適なホテルですので、みなさんもぜひ。

 

3月8日【1日目】
移動距離…約908km
歩数…10338歩

 

 

 

つづく

2020年4月4日:一部表現を訂正

2020年12月24日:一部表現を訂正