高宮の日本のどこかにいるブログ

個人的な旅行記です。

'21駅めぐりの旅(10)【名鉄編】

初回

smghkgm.hatenablog.com

 

前回

smghkgm.hatenablog.com

 

 

f:id:SMGHKGM:20210304125748j:plain

この日も4時に起きてしまいました。しかし、上りの始発列車は5時42分発なので、それまで時間をつぶす必要がありました。

ここで散歩しながら見つけたのは、珍しいデザインの飛び出し坊やです。調べてみると、地元バスケチームとタイアップしたものだといいます。

 

f:id:SMGHKGM:20210304130137j:plain

東海道本線(琵琶湖線)|[普通]米原膳所(0542)→米原

極寒の中1時間ほど待ち、ようやく始発列車が入ってきました。ここで少し体調を崩してしまいました。

f:id:SMGHKGM:20210304130321j:plain

少し明るくなってくると、まるで水墨画のような美しい景色が見えてきました。滋賀と岐阜の県境付近は、雪が多いことでも知られています。

 

f:id:SMGHKGM:20210304130458j:plain

東海道本線|[新快速]豊橋米原(0646)→岐阜

そして米原駅はしっかりとした積雪がありました。

 

f:id:SMGHKGM:20210304130638j:plain

本当に美しい車窓でした。この寒さに耐えてきた甲斐がありました。

 

f:id:SMGHKGM:20210304130805j:plain

さて、その列車を岐阜駅で降りました。駅前には黄金の織田信長が立派に輝いています。

 

f:id:SMGHKGM:20210304133306j:plain

ちょうど朝ラッシュの時間で、じっくり見学することは出来ませんでした。

 

f:id:SMGHKGM:20210304131012j:plain

名鉄名古屋本線|[特急]河和|名鉄岐阜(0749)→名鉄名古屋

ここからは名鉄に乗り、駅をめぐっていきます。

 

f:id:SMGHKGM:20210304131122j:plain

ひとまず名鉄名古屋まで行き、ここで今後の予定を組みました。

 

f:id:SMGHKGM:20210304131221j:plain

名鉄犬山線|[快速特急]新鵜沼名鉄名古屋(0827)→犬山

どうせなら全線乗りつぶしも達成したいので、まずは岐阜側から回ることにしました。

 

f:id:SMGHKGM:20210304131419j:plain

名鉄広見線|[普通]新可児|犬山(0913)→新可児

犬山からは、まず本数が少なそうな広見線に乗っておくことに。

 

f:id:SMGHKGM:20210304131539j:plain

新可児駅。思っていたよりも大きい駅でした。

 

f:id:SMGHKGM:20210304131629j:plain

名鉄広見線|[普通]御嵩新可児(0939)→御嵩

しかしここからが難関です。新可児から御嵩区間は本当にローカル線という雰囲気で、ICカードも使えないのです。列車も、古い2両のワンマンカーです。

f:id:SMGHKGM:20210304131826j:plain

御嵩駅に到着。

 

f:id:SMGHKGM:20210304131843j:plain

駅舎も古いものが現役で、大手私鉄とは思えない雰囲気です。

 

f:id:SMGHKGM:20210304132012j:plain

駅前は、かつて宿場町として栄えていたころの面影が残っているように感じられます。

 

f:id:SMGHKGM:20210304132102j:plain

名鉄広見線|[普通]新可児御嵩(0955)→新可児

本数が少ないので、このまま乗ってきた列車で折り返しました。

 

f:id:SMGHKGM:20210304132224j:plain

名鉄広見線|[普通]中部国際空港新可児(1014)→犬山

朝のうちに御嵩駅へ行けたのは大きいです。

 

f:id:SMGHKGM:20210304133111j:plain

この車両は木目調の壁とクロスシートがついていて、洒落ています。名鉄の車両は個性的で面白いです。

 

f:id:SMGHKGM:20210304132356j:plain

名鉄犬山線(各務原線)|[急行]名鉄岐阜|犬山(1040)→名鉄岐阜

犬山では各務原線まで直通する列車が来たので、これに乗り換えました。

 

f:id:SMGHKGM:20210304132901j:plain

名鉄名古屋本線|[快速特急]豊橋名鉄岐阜(1118)→神宮前

名鉄岐阜からは再び名古屋へ行き、続いて知多方面の路線を乗りつぶしていくことにしました。

 

 

つづく

 

参照資料