高宮の日本のどこかにいるブログ

個人的な旅行記です。

WEST EXPRESS 銀河で山陰の旅(7)【根雨→大阪】

初回

smghkgm.hatenablog.com

 

前回

smghkgm.hatenablog.com

 

 

f:id:SMGHKGM:20210412174040j:plain

列車は長めの運転停車をしながら少しずつ進んでいきます。

 

f:id:SMGHKGM:20210412174121j:plain

途中の駅で、ちょうど桜の木の隣に停車しました。夜の桜もいいです。

 

f:id:SMGHKGM:20210412174312j:plain

さて、備中高梁根雨以来の正式な停車駅となっており、ここでは降りることができます。

 

f:id:SMGHKGM:20210412174533j:plain

駅に併設されている図書館は延長営業を行い、地元の特産品などが販売されていました。

 

f:id:SMGHKGM:20210412174745j:plain

同時に地元の伝統的な踊りも披露されており、まさにお祭りムード。ここで夜食やパンフレットなどを受け取り、ホームに戻りました。

 

f:id:SMGHKGM:20210412174852j:plain

するとホームではなぜか人だかりができていました。

 

f:id:SMGHKGM:20210412174945j:plain

これは、このあと備中高梁駅に到着し銀河号を追い抜く「サンライズ出雲」号を見る人だかりでした。国内では非常に貴重な存在となった夜行列車が並ぶということで、銀河の旅における一大イベントだということです。

 

f:id:SMGHKGM:20210412175602j:plain

このイベントを盛り上げるため、ホームにいた乗客や地元の方たちには、駅員さんから旗が配られました。

 

f:id:SMGHKGM:20210412175311j:plain

そしてサンライズ出雲号が入線。瑠璃紺色の銀河号に対して、暖色系でまとめられた対照的な車体です。やはり寝台特急は、いくつになってもわくわくします。

 

f:id:SMGHKGM:20210412175729j:plain

そのあとは、話しかけてくれた地元のお母さんと談笑しながら出発を待ちました。列車が出発するときにはお母さんが手を振ってくれて温かい気持ちになりました。いつかこの備中高梁駅でも降りて、色々な場所をめぐってみたいです。

 

f:id:SMGHKGM:20210412175924j:plain

そのあとも列車は暗闇の中を走り、山陽本線に入ります。

 

f:id:SMGHKGM:20210412180051j:plain
明日の朝は早いですが、寝るのはもったい気がして、夜更かししてしまいました。

 

2021年4月4日

 

f:id:SMGHKGM:20210412180122j:plain

目が覚めると、外はまだ暗く、列車は兵庫県大久保駅で停止していました。

 

f:id:SMGHKGM:20210412180345j:plain

列車は再び動き出し、山陽本線を快走します。このころには空が白みはじめました。

 

f:id:SMGHKGM:20210412180444j:plain

明石海峡大橋が見えてきました。早起きした人だけが見られる特別な車窓です。

 

f:id:SMGHKGM:20210412180606j:plain

兵庫県内のターミナル駅で乗客を降ろしつつ、大阪駅へ向けて最後の力走。

 

f:id:SMGHKGM:20210412180656j:plain

ハイケンスのセレナーデ』のオルゴールが流れたあと「みんな、ほんまおおきに!」というアナウンスがあり、大阪駅に到着です。寂しさがこみ上げてきます。

 

f:id:SMGHKGM:20210412180827j:plain

銀河号とはここで本当にお別れです。

 

f:id:SMGHKGM:20210412180909j:plain

素敵な旅をありがとうございました。

 

f:id:SMGHKGM:20210412181003j:plain

また乗りたい、心からそう思える列車です。

 

f:id:SMGHKGM:20210412181041j:plain

朝6時のまだ静かな大阪の街。しばらく感傷に浸ってしまいましたが、旅はまだ続きます。

 

 

 

つづく

 

2021年4月9日:一部修正